« レミケード19回目と右腎石灰化 | トップページ | レミケード20回目 »

骨密度が改善

12/17の通院の際に、骨密度を測定しました。
前回が2009年9月2日だったので、4年ぶりです。
私は依然、プレドニンを長期服用していたこともあり、骨密度が低くなっています。

測定したのは、腰椎と左大腿骨の骨密度です。
測定は簡単で、台の上に横になっているだけです。機会が上のほうで動いて、すぐに終了。

結果はというと、腰椎、大腿骨とも改善していました。
前回との変化は、95%で統計的有意な水準ということで、測定誤差ではなく改善していると考えてよいことになります。

大腿骨のほうは、同年齢の人の平均よりはやや低いですが、正常な範囲に入ってきました。
腰椎は、まだまだ低いのですが、前回に比べれば改善していました。

ホッとしました。

今は体調が良く、血液検査でも状態がよいというのが一番の理由だと思いますが、最近、毎日カルシウムウェハースを食べていることも多少は効果があったのかもしれません。

今年は、クローン病のほうは具合がよく、いろいろなものが食べれてよかったです。来年もこの調子で過ごせたらよいなぁと思います。

ストーマのほうは、最近、肌がかぶれたりしていますが、まずますの状態です。

ブログランキングに参加しています。応援をお願いします。

にほんブログ村 病気ブログ クローン病へ人気ブログランキングへ

« レミケード19回目と右腎石灰化 | トップページ | レミケード20回目 »

クローン病」カテゴリの記事

病院」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。