« ヒルトン東京 「王朝」の高級中華食べ放題 | トップページ | ストーマから黒っぽい便が・・・ »

パン作りに挑戦

以前、妻がパン作りを始めたということは記事に書きましたが、今日は、私がチャレンジしてみました。

妻が読んでいるパンの本を見ていたら、一度試してみたいな、と思い、妻の指導のもと、パン作りにチャレンジしました。

今日作ったのは、「田舎パン」。
小麦、酵母、塩、水だけのシンプルなパンです。

小麦は、国産小麦の「はるゆたかブレンド」。

酵母は、「白神こだま酵母

手に小麦粉がくっついたり、こね方かよくわからなかったりと、悪戦苦闘しながらもなんとかできました。

焼く前のクープ(キレ目)をいれるところでは、生地がやわらかすぎたのか、うまくクープがはいらず、そのまま焼いたら、横のほうが破裂した感じになってしまいました。

見た目は今一つだったので、写真は無しです。

でも、焼き上がり直後は香りがすごく良かったです。

少し冷ましてから食べましたが、やわらかく、弾力があり、ほのかに塩味がして、口の中に小麦の味が残る、シンプルだけど、おいしいパンでした。

クロワッサンやブリオッシュなどのバターをたくさん使っているパンもいいのですが、私は、クローン病ということもあり、そういうのはあまりよくありません。今日作ったようなシンプルなパンは、比較的安心して食べられます。

シンプルだけど、おいしいパン。

機会があれば、また作ってみようと思います。

今回参考にした本はこちらです。
白神こだま酵母でパンを焼く―国産小麦がふんわりやわらか


ブログランキングに参加しています。応援をお願いします。

にほんブログ村 病気ブログ クローン病へ人気ブログランキングへ


« ヒルトン東京 「王朝」の高級中華食べ放題 | トップページ | ストーマから黒っぽい便が・・・ »

クローン病」カテゴリの記事

食事」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。